新生活を感じさせる母校

思い出を振り返れる母校でのロケーションはおススメです

二人の挙式は、新生活をスタートする門出の日です。その前撮りのロケーションとして、母校は最高の場所です。二人の学生時代の歴史が、前撮りのストーリーに華を添えるでしょう。前撮りは、単なる記念写真ではありません。二人が出会うまでの、それぞれの歴史を振り返る作業でもあるのです。二人の一つ一つの歴史を繋ぎ合わせ、二人が出会って恋に落ち、結婚を決めるまでの思い出の記録でもあります。そういう意味で、母校での前撮りはロケーションとしても欠かせないわけです。

もし二人が同じ母校なら、ストーリー展開が更に広がります。既に恋人同士だったのか、二人のなかはどうだったのか、放課後はどうしていたのかや、喧嘩はしていなかったのかなど、沢山の思い出があった筈です。その振り返りをしながら思い出をまとめ、二人の門出に華を添えるストーリー性のある前撮りをしましょう。

二人の新たな旅立ちへ繋がる前撮りを!

ロケーション撮影で最適な季節は、満開の桜をみることができる新緑の春です。春は卒業の季節であり、進学や新社会人へと新たな一歩を踏み出す季節でもあり、結婚で新生活をスタートするイメージにピッタリなのです。もしジューンブライド(June bride)などを予定するなら、前撮りのロケーション撮影では、緑の豊かな春も逃さないようにしましょう。

母校でのロケーション撮影では、桜が舞い散る春の卒業式で学生時代を振り返る二人、新緑の木漏れ日に新たな希望をもって新生活を迎える二人を、しっかりと記録に残しておきたいですよね。周囲の人々も春はみな意気揚々としているので、ロケーション撮影の素敵なエキストラになります。

前撮りで春のロケーション撮影をするのに、母校を選択するのがとても良いことが分かると思います。是非、卒業の季節、新生活をスタートする季節の母校を、前撮りで利用してみませんか?